ストーリーが繋がる場所、青森

祭りがつなぐ

青森ねぶた祭

青森ねぶた祭

日本最大級の火祭りといえば「青森ねぶた祭」。毎年、日本国内はもとより世界各地から300万人以上の観光客が訪れる。七夕に起源を持っており、かつては各地で見られた「眠り流し」の行事が発展したものといわれている。

浪岡北畠まつり

浪岡北畠まつり

中世の里浪岡に想いを馳せる真夏の一大イベント
15世紀半ば頃、現在の青森市浪岡地区に浪岡城を築いた北畠氏。16世紀半ば、その勢力は浪岡を中心に北津軽の岩木川下流域から外浜北半分にまで及び、京都や奈良、さらには中国との交易もあったとされる。その繁栄をしのび開催されるのが「北畠まつり」。渓流魚手づかみ大会、八幡宮宵宮に始まり、泣き相撲大会、灯ろう流し、ねぶた運行など、中世の里浪岡で4日間にわたり開催される一大イベントだ。

開催日 8月14日~8月17日
場所 青森市浪岡八幡宮境内ほか
お問い合わせ 浪岡北畠まつり実行委員会
(青森市浪岡商工会内)
電話 0172-62-2511
浅虫温泉花火大会

浅虫温泉花火大会

青森ねぶた祭の前夜祭を盛り上げる
青森の奥座敷、ねぶた発祥の地ともいわれる開湯1200年余りの浅虫温泉。毎年、ここで開催される「浅虫温泉花火大会」は、8月2日から開幕する「青森ねぶた祭」の前夜祭を飾るもの。60年以上の長い歴史を持ち、海上から打ち上げが行われるのが特徴。約4000発の花火が次々と夜空に咲き、光が海面に反射し、幻想的な美しさに包まれる。

開催日 8月1日
場所 青森市・浅虫温泉
お問い合わせ 浅虫温泉花火大会実行委員会
(一社)浅虫温泉観光協会内
電話 017-752-3250
URL http://www.asamushi.com/
みんまや義経まつり

みんまや義経まつり

義経伝説のロマンを感じる
義経伝説の残る青森。外ヶ浜町三厩には、逃げ延びた源義経がここから夷島へ渡ったという言い伝えが残っている。祭りの中心は、義経や静御前、弁慶や従者に扮した人たち約40名が歩く「義経行列」。平安絵巻さながらのパレードは、歴史好きでなくてもたまらないもの。そのほか、義経こだわりのゲーム、花火大会、流し踊りなども開催。義経伝説のロマンを感じられるイベントだ。

開催日 8月中旬
場所 外ヶ浜町三厩地区
お問い合わせ みんまや義経まつり実行委員会
(外ヶ浜町産業観光課)
電話 0174-31-1228
荒馬まつり

荒馬まつり

伝承ロマンに包まれる真夏の祝祭
荒馬保存会、子ども会、町内会による郷土芸能「荒馬」は、江戸時代発祥といわれ、農民が神に加護と感謝を表す神送りの行事として伝承されている。荒々しい馬役の男性と手綱を取る女性がペアとなり、勇壮な馬の働く姿を踊りで表現。それに扇ねぶたの山車が加わり、力強い太鼓のリズムと美しい笛の音が祭りを盛り上げる。花火大会も催され、鋳釜崎(いがまざき)展望台からの眺めは格別だ。

開催日 8月4日~7日
場所 今別町内
お問い合わせ 今別町観光協会
電話 0174-35-2014
URL http://www.town.imabetsu.lg.jp/
海峡いまべつ春まつり

海峡いまべつ春まつり

待ちに待った春到来を祝う祭り
荒津軽半島の北端にある今別町は、5月連休明けが桜の見頃。「海峡さざなみ公園」も桜に彩られる。そのなかで行われるのが「海峡いまべつ春まつり」。郷土芸能である「荒馬」が行われ、夏の荒馬と違った味わいも楽しめる。町の人たちによる芸能ショーや手踊りなどが披露されたり、さまざまな出店も並んだりと一日中、賑わいをみせる。

開催日 5月中旬
場所 海峡さざなみ公園
お問い合わせ 今別町観光協会(町商工会内)
電話 0174-35-2014
URL http://www.a-bbn.jp/imabetu/
いまべつ秋まつり

いまべつ秋まつり

食欲そそる今別の幸づくし
秋の休日を満喫できるイベント。今別町の山海里の食材がそろい、販売される。注目は、津軽海峡マグロの解体ショー。品質抜群、鮮度も脂の乗り具合、身の張り具合も抜群のマグロを堪能できる。また、いまべつ牛の肉の販売も行われ、コンロや炭、着火剤を無料貸し出ししてくれるので、その場で食べることも(数量限定)。そのほか「荒馬」や芸能ショーも催される。

開催日 10月上旬
場所 海峡あすなろ公園
お問い合わせ 今別町役場産業建設課
電話 0174-35-3005
URL http://www.town.imabetsu.lg.jp/
ひらない夏まつり

ひらない夏まつり

津軽三味線奏者高橋竹山名人に想いを馳せる
小中学校のブラスバンド演奏やよさこいソーランの演奏などで構成されるオープニングパレードを皮切りにはじまる「ひらない夏まつり」。メインイベントは、日が暮れてから出陣するねぶた。平内のねぶたは規模が小さいながらも、三味線奏者・初代高橋竹山がその昔、先頭に立って運行していた頃のお囃子を引き継いでいる。夏の終わりを告げる、哀愁漂う祭りだ。

開催日 8月15日・16日
場所 平内町内
お問い合わせ ひらない夏まつり実行委員会事務局
(平内町商工会内)
電話 017-755-3254
URL http://www.a-bbn.jp/hiranai/
玉松海まつり

玉松海まつり

陸奥湾の恵みをめいっぱい楽しむ
玉松海水浴場は陸奥湾に面した、全長200メートルの海水浴場。毎年8月第1日曜には、誰もが参加できる「玉松海まつり」を開催。宝探しゲーム、○×クイズ、トマト早食い&トマトジュース早飲み大会など楽しい催しがいっぱい。豪華な景品付きなのがうれしい。また、蓬田村のとれたてのホタテの貝焼きが無料で振る舞われるほか、「玉松太鼓」の生演奏がまつりを一層盛り上げる。

開催日 8月第1日曜
場所 玉松海水浴場
お問い合わせ 蓬田村観光協会(蓬田村商工会内)
電話 0174-27-2450

SPOT

青森でつなぐ

平内でつなぐ

外ヶ浜でつなぐ

今別でつなぐ

蓬田でつなぐ

広域周遊の手引き

PICK UP

イベントカレンダー

パンフレット

青森へのアクセス

ページ上部へ戻る