ストーリーが繋がる場所、青森

青函がつなぐ

青森と函館がグッと近くに。
もっと身近に楽しめる青森と函館の魅力

平成28年3月26日、ついに北海道新幹線が開業した。新青森―新函館北斗をおよそ1時間で結ぶ北海道新幹線によって、北の大地がグッと近くなった。
青森市と函館市は、青函トンネルの開通をきっかけにツインシティ(双子都市)として提携し、以来26年にわたって活発な交流を続けてきた。だが、そのつながりは、まだ青函トンネルも青函連絡船もない、縄文時代からのものだったという。その根拠は、土器。縄文土器は文様や形によって文化圏が特定されるのだが、それによって青森と函館は一つの文化圏ではなかったかといわれているのだ。さらに、土器だけではなく、三内丸山遺跡で加工されたと思われるヒスイが北海道で発見されてもいる。津軽海峡を越えて交流していた縄文の人々は、まさか1万年以上の時を経て、1時間での旅が可能になるなど考えも及ばなかっただろう。
そんな古の時代からの交流のあったツインシティは、この平成の世にあってさらに活発化している。東北の夏祭りを代表する「青森ねぶた祭」と函館の夏の風物詩「函館港まつり」の相互交流や、商店街を飲み歩くバル街イベントの青森・函館連動開催、コラボ商品の開発など、さまざまなジャンルで盛り上がりをみせている。
さぁ、時は今。北海道新幹線に乗って、新たな旅へと出かけよう。きっと、あなただけのお気に入りが見つかるはずだ。

歴史

旧函館区公会堂

旧函館区公会堂

函館港を見下ろす高台に建つ旧函館区公会堂は、明治43年(1910年)に建てられた左右対称のコロニアルスタイルとブルーグレーとイエローの色が特徴的な美しい建物。

三内丸山遺跡

三内丸山遺跡

「特別史跡三内丸山遺跡」は今から約5,500~4,000年前の日本最大級の縄文集落跡。竪穴式住居跡、掘立柱建物跡など多くの遺跡が点在している。三内丸山応援隊が分かりやすくガイドしてくれる。詳細はこちら

景観

函館山からの夜景

函館山からの夜景

函館湾と津軽海峡に挟まれたシルエットに沿って広がるエキゾチックな光の美しさは世界一の夜景。

黒滝

黒滝

黒滝の遊歩道手前までは車で行くことができ(要四輪駆動車)、そこから歩いて20〜30分(途中急な斜面や川の徒渉など危険な箇所あり)、落差約11メートルの荘厳な黒滝を体感できる。詳細はこちら

義経海浜公園海水浴場

義経海浜公園海水浴場

整備が行き届いた海水浴場。目の前にある大きな岩は、源義経が無事夷島に渡れるようにと、大切にしていた甲(かぶと)を海神にささげた場所にある岩で、甲岩(かぶといわ)と呼ばれている。詳細はこちら

塩ラーメン

塩ラーメン

函館の人気グルメのひとつ、塩ラーメン。ラーメンの本場北海道で、札幌の味噌、旭川の醤油と並んで、三大ラーメンの一つ。

古川市場のっけ丼

古川市場のっけ丼

昭和44年(1969年)から青森市民の台所として賑わってきた古川市場魚菜センターで楽しめる名物丼。丼ご飯を持って市場内を巡り、お好みの具材をごはんに乗せてもらえば、自分だけのオリジナル丼が完成!

貝焼き味噌

貝焼き味噌

貝焼き味噌は津軽に伝わる郷土料理。大きなホタテの貝殻を鍋代わりに、だし汁に、ホタテ、卵、長ネギなどを入れ味噌で味付けした昔ながらの家庭の味。鍋となるホタテの貝殻は使い込むほどに味わい深い風味を醸し出す。

温泉

湯の川温泉

湯の川温泉

承応2年(1653年)、松前藩第4代藩主・高広が難病にかかり、ある夜母の清涼院は「松前城の東にある温泉に行けば、どんな病も治る」という夢の通りに、湯治させると全快したことが発祥といわれている。

平舘不老不死温泉

平舘不老不死温泉

その名の通り、不老不死の願いをこめて名付けられた温泉は、300年の歴史を持つと伝えられている。無色透明で40度ほどの少しぬるめの温泉は、皮膚病、神経痛に効能があると評判。宿泊しながらじっくり堪能できる。詳細はこちら

よごしやま温泉

よごしやま温泉

よごしやま温泉「平内いきいき健康館」の大浴場はジャクジージェット付き。人気の「アロエの湯」はサボテン園で育てられたアロエを使用。その他、打たせ湯やサウナもあり、ゆったり温泉を満喫できる。詳細はこちら

SPOT

青森でつなぐ

平内でつなぐ

外ヶ浜でつなぐ

今別でつなぐ

蓬田でつなぐ

広域周遊の手引き

PICK UP

イベントカレンダー

パンフレット

青森へのアクセス

ページ上部へ戻る