ストーリーが繋がる場所、青森

広域観光情報

青森地域から周遊の旅へ。十和田・八戸エリア、弘前エリアのおすすめモデルコースをご案内。

十和田・八戸エリア

大自然の癒やしをたっぷりと。奥入瀬・十和田・八戸紀行

十和田市現代美術館

十和田市現代美術館

建築とアート、都市が一体化した珍しい施設。国内外で活躍するアート作品が、展示室だけでなく、中庭や屋上、階段室など、屋内外のあらゆる空間に展開している。

奥入瀬渓流

奥入瀬渓流

十和田湖の子ノ口から焼山までの約14キロの流れで、銚子大滝をはじめとする大小14の滝と千変万化の美しい流れが渓流美を作り出す。豊かな樹木は春夏秋冬それぞれの美しさを堪能できる。

十和田湖

十和田湖

火山活動で出来たすり鉢状のくぼ地に水がたまった、二重式カルデラ湖。四季折々の大自然の移り変わりを湖面に映し出し、湖畔を散策すれば、彫刻家高村光太郎の作品「乙女の像」を見ることができる。

八戸ポータルミュージアムはっち

八戸ポータルミュージアムはっち

八戸のさまなざまな文化や芸術を紹介する展示と、木のおもちゃに触れて遊べる「こどもはっち」が人気。

種差海岸

種差海岸

三陸復興国立公園に指定された種差海岸は波打ち際まで天然芝が広がる風光明媚な名所。

弘前エリア

弘前城400年を漫ろ歩く。北の古都・弘前

※岩木山は天気が良ければ車窓から楽しむことができます。

  • 電車で約45分
  • 車・バスで約15分
  • 弘前城
  • 徒歩約10分

弘前城 弘前公園

弘前公園 弘前城

春には、日本最古のソメイヨシノなど約2,600本もの桜が公園全体に咲き誇り、夜にはライトアップされた桜が幻想的な表情を見せる。また、冬には弘前城雪燈籠まつりが開催されるなど、さまざまな風景を楽しめる。

旧弘前市立図書館

旧弘前市立図書館

美しいルネサンス様式の木造建築。弘前市内には、明治初期から西洋文化を取り入れた数多くの洋風建築を見ることができる。

最勝院五重塔

最勝院五重塔

本州最北の国指定重要文化財。寛文7年(1667)に建立。総高31.2メートル、東北一の美塔といわれる。

岩木山

岩木山

二重式火山で山頂は三峰に分かれ、標高は1,625メートルと県内で一番高い山。円錐形の山の形から津軽富士とも呼ばれる。

こみせ

こみせ

「日本の道百選」にも選ばれたアーケード状の通路。藩政時代から今に残る中町通りには高橋家、造り酒屋など伝統的建築物も見ることができる。

SPOT

青森でつなぐ

平内でつなぐ

外ヶ浜でつなぐ

今別でつなぐ

蓬田でつなぐ

広域周遊の手引き

PICK UP

イベントカレンダー

パンフレット

青森へのアクセス

ページ上部へ戻る